心がけダイエット

朝起きたら太っていた・・そんな人はいないでしょう?!  それなら普段から気を付けて太らない工夫、 増えてしまった脂肪を減らす工夫を考えてみようと 思います(~o~)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の間、厚着をしていたせいで、見えない部分に脂肪が付いてしまいました。春になり薄着での仕事になってくると見えるので気になってしまいます。そこで、何とかしなければと、実績があるビール酵母ヨーグルトダイエット+αをすることにしました。
その+αはのちほど書きますが、以前、このビール酵母ヨーグルトダイエットでそんなに努力せず体重が落ちたので、不安感なくはじめることができました。まず、用意するものは市販のヨーグルト、味とかはお好きなものでいいです。できれば1個が90グラムのもの、あとビール酵母、
私はキリンの(ピンクの箱)に入ったのを使ってます。これには理由があります。この酵母はヨーグルトと混ぜるのに適した1包6グラムが40入っています。ヨーグルト90グラムに6グラムのビール酵母を残らないようによ~く混ぜて朝食べます。朝食はこれだけでなんとか持ちます。物足りなければほんのちょっとなにかを食べればいいです。昼、夜は普通に食べるのですが、痩せたい、体重を落としたいと思っていれば
そう馬鹿みたいに食べることはないでしょう。ここで「腹いっぱいにしたいとか、カロリーとりすぎでもまあいいか!」と思っちゃうかが分かれ道と思います。
この方法をやってると、1週間くらいでウエストが数センチ(個人差あり)落ちます。
さらに、+αの部分、日に朝晩1杯づつでいいのですが、もろみ酢を飲んでます。1杯とはもろみ酢のボトルに付いているキャップに1杯。
ストレートでももろみ酢はすっぱくないので飲める人は飲めます。
飲めなければ500ccの水で薄めて飲むかしてもいいです。でも短時間に飲めるので、ストレートがお勧め、飲めるものです。大丈夫。
もろみ酢にはアミノ酸がたくさん含まれているので、飲んで仕事などの行き来で元気に歩けば有酸素運動効果で脂肪の燃焼が期待できます。
もろみ酢は高いから・・と思うかも知れませんが、私はドンキ○ーテで1本300円弱で買いました。これは特売のときですが、普段でも700円前後で売ってます。一般的には2000円前後なのでかなり安いです。夜、パソコンの前で作業するときとかには低周波で振動するベルトを腹に巻くのもいいかも知れません。
とにかく意識することが大事ですよね。

人気blogランキングへ参加しています、応援クリックよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
あるところでみました。野菜のスープ他とスキムミルクなどを
日によって決められた通りに飲むというもの。
コレを見て疑問が沸きました。
この方法を出来る人って、仕事してない人じゃないと出来ないんじゃないだろうか??ということ。
仕事で一週間というと、出勤、帰宅を規則正しくできる人が
どれくらいいるのだろうか?
時には付き合いで外食もするだろう、ストレスでアルコールも
飲むだろう。
「何日間どこどこ一周、縦断」などを成し遂げた人が
英雄気取りで登場したりするが、あの方たちは、
いったいどういう仕事をしている人なのだろう??と思う。
あんなに長期間、仕事から離れることができる職業って・・??
そういう人ならできるのでしょうね『7日間脂肪燃焼ダイエット』
この方法も簡単です。
朝食はビール酵母6gとヨーグルト(味は何でもいい)90g位のをよ~く混ぜて、これだけ食べる。
あとは、昼食、夕食は普通に食べる(何でもいい、ただし大喰らいはダメ)
間食も控える。
これだけです。
これを続けてみましょう。
一週間ほどで効果が出てくる人もいます。
私の場合は、2キロほど痩せました。
朝食後もそれほど空腹を感じません。
ビール酵母6gは、薬局などに6gづつ小分けにされたビール酵母が箱で売られています。(私のはキリン)
ヨーグルト90gは3個パックのが近いです。
やはりこれが手軽に思えます。
「アミノ酸」をどうやって摂取するか?・・
私は、「琉球もろみ酢」を使用してます。
身体に付いてしまった脂肪を、有酸素運動によって燃焼させる。
身体を動かす前後に、もろみ酢大さじ4と水500mlを混ぜたドリンクを飲みます。水分補給の際にできるだけこれを飲むようにします。
それにより、身体を動かせば動かすほど、脂肪が燃焼してくれます。
ただし、15分以上身体を動かしていないと効果がないように思います。
個人差がありますが、1週間で1キロも夢ではありません。
「もろみ酢」いろいろな種類がありますが、
私が使っているのは、黒砂糖とブドウ糖加糖液糖が入ったもの。
「もろみ酢」は、酢ではありますが、米酢などと違い、すっぱくなくて
飲みやすいと思います。人によっては、飲めないと感じる場合があるかも知れませんが。
もし、黒砂糖などが加えられていないものを使用の際には、
先のドリンクに、オロゴ糖液を大さじ3杯加えて作ってください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。